現場採用のオヤジたち

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top鉄道会社の知られざる社風 >現場採用のオヤジたち

現場採用のオヤジたち

金融危機により、社会全体で雇用が不安定になってきた。そうなると鉄道会社は、就職先として人気が上がるのである。
高嶺の花の鉄道会社?確かにそうかもしれない。しかし、現場のオヤジさんたちまで滅私奉公でバリバリ働いているわけではない。
今回は、そんな鉄道現場のオヤジさんたちの横顔を見てみることにしよう。


大きな工場が進出してないローカルで、貴重な雇用の受け皿となっているのが、役所、警察、消防署、郵便局、そして鉄道である。
そんな地元に根を下ろして働くには、これらの職は貴重であり、就職できた人は地元でステータスを得る。

鉄道会社であれば、通勤も自社線を使うわけなので、田舎からの長距離通勤でも会社に気兼ねすることがない。また乗務員、駅員など、泊まり勤務が多いので、通勤の回数は普通の会社員より少なく、通勤の負担が少ない。普通の日勤の会社員は週5日×2回の通勤になるが、泊まり勤務主体であれば、例えば週5回程度に減り、またラッシュ時間帯から外れるため、通勤の苦労がかなり軽減できる。
鉄道は、田舎からの長距離通勤に向いている仕事なのである。

「オラの地元は遠いからヨ、片道の通勤でも2時間半ぐれぇーかかるんだよ。でもヨ、泊まり勤務だから、毎日通勤するわけでねぇーべ。(泊まり勤務の明けの)帰りはヨ、昼間の空いている電車の中でビールも飲めるし、悪くねぇー。ガハハ。」

実際、地元を愛して、地元を離れず、長距離通勤をしている人は多い。
大きな祭りが開かれるときなどは、その地域に住む人たちがこぞって休みを取るため、要員調整に苦労するぐらいだ。地元に深く根を下ろしている人たちにすれば、

「今年の祭りは勤務になってしまうから、俺は神輿を担げないわ。」

というのは言い訳にもならない。地元の価値観からすれば、建前はどうあれ、本音では、「勤務のような私的な都合を優先するのは勝手だ」と見なされかねないのだ。

心得ている現場の勤務計画担当者は、すでに計画の段階で、大きな地域のイベントと、その地域の人の勤務が重ならないようにする。そこまで気を配ってこそ、うるさい現場のおじさんたちの信望を得られるわけで、それくらい気が回らないと務まらないのだ。

ちなみに、ローカルでは兼業農家にとっても鉄道の勤め口は重宝する。
農業は収入が安定せず、専業だとかなり広い農地で行うので負担が大きい。
そのため、農地を持っている人も普段の手入れは老年世代にまかせ、農繁期以外は勤めに出る兼業農家が多い。
そうなると、勤めに出るとは言っても、農業をやらなければならないので土地から離れたくはなく、鉄道のような仕事が向いている。

団塊の世代以降、出生数が減ると、跡取り息子が生まれず、娘だけの農家も多くなったが、逆にそういう家にすれば、鉄道マンを婿養子に迎えられれば御の字。定年まで鉄道で安定した収入を得て家計を支えながら、先祖代々の土地も守れる。ローカルの現場で働いていると、独身者にはそれとなく声がかかり、中年層でも婿養子に入って苗字が変わる人も少なくない。

地元の土地持ちも、土地を持っていなくても婿入りとなり、農業で先祖代々の土地を守る人は少なくない。
兼業農家の彼らにとって、鉄道の安定した収入はなくてはならないが、滅私奉公までして尽くす気にもならない。

「あんたのところは田んぼも広いし、山も持っているデヨ。鉄道なんてアルバイトみてぇーなものダッペ。」

「山は金を生むわけでねぇーから、そんな優雅なもんでもねぇーよ。ガハハ。」

土地持ちは羨ましいものである。

posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道会社の知られざる社風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック