コネ入社の2世社員(2)

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top鉄道会社の出世競争 >コネ入社の2世社員(2)

コネ入社の2世社員(2)


【困った2世社員ファイル(2)】

鉄道会社というのは、労働組合が強く、労務管理のウェートが非常に大きいところである。会社と対立している労働組合もあり、管理者に対して敵愾心を持っている社員もいる。
そのため、この世界で管理者としてマネージメントをするには、それなりの素質が必要になる。

 ・腹が据わっていること
 ・慎重でうかつな発言をしないこと

これらは最低限備えておくべきものだ。

例えば、敵対的な組合に所属する社員がミスを犯したとする。技術系の現場の場合、人為的ミスをヒューマンエラーと言うが、整備中に開けたカバーを終了時に完全に閉めなかったり、切ったコックを復位するのを忘れたり、様々ある。
ヒューマンエラーが発生すれば、当然のことながら、管理者は当事者の社員から聞き取り調査を行い、指導する。

しかし、相手が敵対的な組合に属していると、慎重に腹を据えて対応しないと面倒なことになりかねない。

聞き取り調査、指導を一通り行った後、報告書を作成しているところに、突然、当事者でもない凄みのある男が、助役に申し入れをしてくる。

「おい、助役。今回のヒューマンエラーについて、話がしたい。」

不気味だが、大学卒の線の細い管理者でも、負けてはいけない。

「何ですか。」

「今回、聞き取りだか、指導だか知らないが、通常よりも監禁時間が長い。これは、組合差別だろ。」

「監禁なんかしていない。聞き取り、指導の時間も他の人と変わらない。」

凄みのある相手でも、管理者は恐れず、慎重に、腹を据えてしっかり対応すれば良い。

「そうか。それならいいけどよぉー。」

労働闘士もそれ以上は何も言わない。

「く、組合とか関係ないけど、最近ヒューマンエラーが多いし、あの人は自覚もあんまりないし。」

こんな揚げ足をとられるようなことを言えば、

「何を根拠に自覚がないとか言っているんだ!根拠を言え!それに、最近ヒューマンエラーが多いのは他の組合の奴らが多いからだろう。完全に組合差別だ!」

と、組合問題にさせられかねない。


さて、ある大卒総合職の2世社員。管理職にはなったが、腹も据わっていなければ、余計なことまでペラペラしゃべる、安定感のない男である。しかし、父親がそれなりのクラスであるため、獅子の子を谷底に突き落とすようなことはできない。つまり、現場に送り出して、社員から突き上げを受けさせるわけにもいかないのだ。

まだまだ過激な労働闘士も多い時代だったので、現場には据え付けるポストはなく、非現業でいくつかポストを回したが、事務、企画の能力もなく、たらいまわし。
そして関連会社へ長らく出向することになった。ある意味、厄介払いである。

さてさて、時は経ち、社員の若返りも進むと、第一組合の比率も高まり、穏やかな現場も増えてきた。
そこでこの2世社員も現場長として本体で返り咲く。栄転である。
出世は、個人の才覚以上に運が大きい。人事異動の玉突きで、うまい具合に弾かれれば、能力がなくても上に登ってしまう。
この人も、出世の順番こそ早くはなく、遠回りをしてきたが、親の七光りもあって、人事的に悪い扱いは受けなかった。それなりのポストが回ってきたわけである。

現場長として着任した後は、言動も的外れであったり、軽率であったり、現場のトップとしての重みはなくて浮いた状態になった。これは案の定の展開だが、穏やかな現場なので、表立った突き上げを受けることもなく、影で文句を言われ、あまり相手にされないお飾りの現場長となった。
現場ではお飾りになったものの、毎朝コーヒーが用意され、あとは毎日の報告を偉そうに受けるだけなので、悪くないポストである。

現場に籠っていればお飾りの大将で結構だが、馬脚を隠せないところは当然ある。
支社で、現場の年間計画を発表する席。車両メンテナンスの現場としては、主に故障対策の計画を発表する場となる。
そこで当の2世の現場長、数十人のトップとして堂々と、

「我が車両センターでは、車両の故障を減らすため、新車の導入を強く希望します!」

と、現場の目標、施策は放っておいて、新車導入を要求。その場には新車導入の権限を持つ者などなく、一同唖然。

まぁ、バカ殿様でも、部下がしっかりしていれば、現場はなんとかなるものである。

posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 20:20 | Comment(5) | TrackBack(0) | 鉄道会社の出世競争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ステキなブログですね。シーサーのランキングサイトから飛んできました。旅は人の心を豊かにさせますね。給付金で旅行に行く方も多いようですね^^今年の旅行の予定は決まりましたか?FC2で旅行関係のブログを書いてます。
http://tavivitoblog62.zz.tc/fc2com
★相互リンクを張りませんか?
リンク仲間と共にアフィリやアクセスアップにも力を注いでます。ブログジャンルは問いません。よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plazarakutenhotelman@livedoor.com
(URLとブログ名を明記して下さい)
ではまた来ます。応援ポチ凸完了!
Posted by 旅行好きのためのブログ at 2009年05月19日 04:56
来春からこのような世界に足を踏み入れるとは・・・と思うと少々後悔があります。
ですが、決まってしまったものは仕方ないので、ここで多少勉強させてもらい、覚悟をして踏み入れたいと思います。
Posted by 世間知らず at 2009年05月25日 22:09
世間知らずさん

書き込みありがとうございます。
他の記事の感想、入社後の感想など、また寄せてください。
お待ちしています(^o^)/
Posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 2009年05月25日 22:39
恐らく、管理人さんと同じorお隣の会社の総合職(技術)に内定をいただいている者です。

小さい頃からの夢だった鉄道マンとして、技術を身につけたいと思ってましたが、このサイトを拝見していると、なかなか一筋縄ではいかなさそうですね。

管理人さんに伺いたいのですが、中に身を置いている場合でも自分が出世コースに乗っているのか、外れてしまっているのか、なんてのはわかるもんなんでしょうか?端から見ないと気付かなさそうな悪寒がしてます(鈍感なので・・・苦笑)
Posted by narcy at 2009年06月13日 17:37
narcyさん

そうですね、そんな明確ではないと思いますがね。
転勤の時期に色々感じたりするのではないですか。
Posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 2009年06月13日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119757275

この記事へのトラックバック