記憶に残るマニア様

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top愛すべき「鉄道マニア」様 >記憶に残るマニア様

記憶に残るマニア様

「鉄道マニア」というのは幅広い。

外務大臣(2010年当時)の前原誠司も、かなりの「マニア」である。

彼の奥さんはかなりの美人なのだが、新婚旅行先の北海道では、(新婚旅行にも関わらず)趣味のSL撮影に興じてしまったらしい。

タモリの鉄道好きもよく知られている。

※書籍「鉄道業界のウラ話」の元ネタであるため、本文は有料コンテンツとして公開します。

書籍「社名は絶対明かせない 鉄道業界のウラ話」 →Amazon →楽天

posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 22:12 | Comment(21) | TrackBack(0) | 愛すべき「鉄道マニア」様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白い記事だと思いましてコメントを書かせて頂きます。正直読んでいて爆笑してしまいました。確かに理解不能な鉄道マニアの方ってたくさんいますよね。おそらく自分の中で、創造を膨らまして他人には分からない世界というものを作り上げてしまっているのですね(*^_^*)まぁ、私もその内の一人ではあるのですが、やはり場の空気を読みながら密かに分からないようにマニッています。(^。^)やはり恥ずかしいですからね、でも、世の中にはそういう人達が沢山男女問わずいるような気が致します。まぁ、見ればすぐ鉄っチャンって分かりますけどね(~o~)まぁ、何はともあれ人に迷惑さえかけない鉄だったら、ある意味人間ウォッチングで面白いかも知れませんね(^。^)
Posted by みい at 2006年04月26日 02:49
みいさん

いやー、私もこのマニアの方には、後で腹を抱えて笑いました。
死にそうでしたよ(笑)。
最初、ホームに立っている姿を見たときには、異様な雰囲気に
不気味さすら感じ、興奮し始めたときには、怖くもなったのですが、
絶頂を越えて腰砕けになったら、微笑ましいというか、なんというか(笑)。
ある意味すごい方でした。
Posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 2006年04月26日 23:18
私も某JRの運転士です。この記事のコメントに似ているんですが思わず苦笑いしてしまうことがあります。最近は運転室が丸見えですね、通称かぶりつきが多いこと。その中で何回か、運転士のまねでしょうか「第一場内進行」とか私が言う前に
また運転室でも聞こえるくらい大きな声で言っているお客様おられます。また駅近くになってブレーキハンドルをB4〜B5に投入するのですが、決まってその人は「停止ブレーキB4」とか「段階ゆるめ」とかも言ってます、また停止位置より少しでも距離が開くと「減点」とか言ってますね。本当に電車の運転、ブレーキ操作は難しいんですよ。
その人の言葉はまぁ気にはしませんが、脳内運転士でもやっているんだなと思ってます。

時々心の中で「やかましい!静かにしろ」って言いたいですね。
Posted by 匿名運転士 at 2006年05月06日 01:39
匿名運転士さん

「電車でGO」の影響ですかね。ちょっと困ったマニアさんですね。
脳内車掌さんもいますよね。ずっと車内で「放送」している人。
現役の運転士さん、車掌さんには同情しますよ。特に運転士さんは、
背後に変わった人に立たれ、不気味で怖くなりませんか?
Posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 2006年05月06日 18:17
コメントのお返事有難うございます_(_^_)_私も良く通勤とかで、電車の運転室を覗いて景色見るのは毎回楽しみの一つなのですが、夜は反射してあまり見えないので、結局本とかを読んで立っています。只、何か問題が起こった時に(@_@;)えってな感じで、いつでも見れるような場所に立っておりますが、ちなみに署名運転士さんのいう困った脳内運転士のお客様というのは、私も心当たりがあるのですが、もしかして横浜駅からいつも乗ってきて湘南新宿ラインの快速ではないのでしょうかね、それで、
Posted by みい at 2006年05月31日 01:31
失礼!^_^;途中で文字が切れてしまいました  _(_^_)_たま〜にですが、湘南新宿ラインに乗っていて、出くわしてしまいます。その例の覗き窓の所に他人がたっていようが、お構いなしに人を押しのけて、【中継?進行!】とか制限?とか【プシュー!ショワー!】?とか、何か知らないけど、吠えています、(?_?)正直かなり!怖いしあやしいです。同じ鉄としては、同等に見られたくないんですが、、(恥)(T_T)
Posted by みい at 2006年05月31日 01:50
久しぶりに書き込みます。その厄介な脳内運転士
なぜか私の運転する仕業に必ず登場します。お客様の一人なので文句は言えませんが、思いっきり
行ってやりたい気分ですね。背後にたたれるとやはり正直っていやですね。車両設計時にすこし考えてほしいところもありますが・・・・
Posted by 匿名運転士 at 2006年06月03日 21:02
又又コメント書かせて頂きます(*^_^*)上記記載の著名運転士さんのいう、【脳内運転士】という言葉とても面白かったです(^_-)-☆
ついこの間、休日の日に新宿行こうと思い、いつものように湘南新宿ラインに乗ったら、奇妙な動きをしている人がいました、運転席の見える展望窓に行ったかと思うと、今度は、横の景色の見える乗降扉に来たり、しばらくすると後ろの車輌に移動していなくなってしまったので(ホッ)としていたら、又現れて、運転席の見える展望窓に顔を思い切り近ずけてみていたり(せっかくの窓にお前の顔の指紋が付くだろ!(-_-)/~~~ピシー!ピシという思いで見ていたら、今度は私の顔をジ〜とみたので、こりゃヤバイ!無視だ無視!目を合わせんとこ、(こいつは、ちと、頭がおかしいヤツなんだと思っていたら、いきなり、鼻をつまんだような、気色悪い声で、[え〜、次はぁ新川崎ィ新川崎ィ、お降りの方はぁ○×※△※、、、と言い出し始めたのです。ゲッこいつ【脳内車掌】だったんかい!ちなみ新川崎で降りてどっかいなくなってしまいましたけどね(・・?車掌が駅降りてどこ行くんかい!仕事しろ〜と思いましたけどね(笑)E231とか、E217とか特にE系の電車は確かに運転席が丸見えですね^^;お客に対するサービスの一つなんでしょうか?確かにマニマニにとっては、この上ない喜びではあるとおもいますが、中には昼間でもカーテン閉めてたり、上半分だけカーテンが閉まって下半分が開いているようなブラブラした中途半端な開け方していたり、夜だともちろん真ん中の展望窓は閉められますが、一番端っこのせまい窓(除き窓)は開いている為、制服の上着をわざとそこにかけて見えないようにする運転士さん、いるみたいですね^^;
Posted by みい at 2006年06月09日 04:29
みいさん、初めまして
運転室の後ろからのぞき込まれること、本音はかなりのプレッシャーです。おっしゃるようにわざと隠したりするときもあります(私もその一人です)。一番うれしい運転はやはり機関車(EL)ですね。この仕業が組み込まれていると結構うれしいです目線のこと気にしないですみますし・・。その反面かなり神経を使うブレーキ操作が必要です。おっとっと、どこの路線かわかってしまいますね。(苦笑)
Posted by 匿名運転士 at 2006年06月14日 20:54
匿名運転士さん、どうも初めまして(*^_^*)

コメントのお返事有難うございます。
電車の運転は見ていて、車の運転より簡単そうに見えてたけど、意外と難しい事、それから、群集に見られて、かなりプレッシャーになっているという事がよくわかりました、大変なんですね^_^;余談ですが、最近、私は、真面目に就職しまして、横浜市内から新宿御苑まで、通いはじめました。(^^♪ 本来は、湘南新宿ラインで通勤するべきなんでしょうが、朝は乗るのやめましたぁ! ケッコー朝は、混み混みなので、東海道使って、わざわざ遠回りしています(-_-)    ちなみに、新宿から地下鉄丸の内線で御苑まで行くのですが、やはり混むので、20分かけて歩く事にしました(^_^;) なぜなら、先日、丸の内線に乗った時に時期的なんでしょうか、車内が蒸していて、人と人の隙間が全く!なくて、自分は汗をかいていないのに、周りのぎゅうぎゅう詰めの人達の汗で、自分の服にベットリと、くっついてしまい、おかげで、その日1日中仕事どころか気分が悪くなってしまい、大変でした、湘南新宿ラインも同じく、もう、死ぬかと思いました(;一_一) マニアどころのさわぎではありませんこれから梅雨が明けて暑くなるにつれて、もっと悲惨になるんでしょうねぇ(*_*; 朝の通勤ラッシュは、 丸の内線も湘南新宿ラインも、人との密着度が、  120%くらいなので、もうこりごりしました(>_<) その代わり、東海道は本数が多い為、密着度だいたい時間にもよりますが、80%くらいなので、少しは、人との隙間がわずかにあるので、今後は、早起きをして、朝のみ、遠回り=さわやかに?ウォーキングする事に決めました。(>_<) 


それからELの話なんですが、ELは電車と違い、 マスコンやブレーキ弁(2種類)構造が随分違うので、大変なのではありませんか?最近ブルトレも随分人が乗らなくなり、本数も大幅に減らされて、寂しくなりました、東北方面にいくブルトレはゴージャス?なのですが、九州方面のは、食堂車も無ければ、ロビーカーも無くなって、かなりしょぼくなってしまいました、私は、去年まで、殆どフリーターだった為、時間もあり、5往復くらいして、乗りまくりましたが(^_^)v  九州に入るとED76の赤い機関車になるのですが、たまたま、運転士と話す機会があった為、(いつまで走りますかねぇ?)と聞いた所、   (いやぁ、もう機関車がもたないよぉ、こいつ、ボロだからさぁ、、)と言っていました、【ボロ?】正直悲しかったですねぇ、私個人としては、特に、EF66が一番のお気に入りなんですが、末永く走っていてほしい限りです(__)  ちなみに、私は某JRの運転士の間では、ブルトレ好きで、かなり有名だと言われました、想定外の事で
(ウ〜ン、(-_-)そんなに有名になるつもりはないんだけどぉ)  【ゲッ、(?_?)ヤバ!】もし匿名運転士さんがその路線だったら、【バレバレ!】ですね(笑)
と、、言う事で、運転士さん達は、大勢の人達の命を預かっている職業だから、自己管理にも気を付けなきゃいけないし、かなり、神経を使ってらっしゃる事と存じます、プレッシャーに負けないで、自分に自信を持って頑張って下さい(^_^)/~
Posted by みい at 2006年06月18日 03:41
みいさん。こんばんは、ELの話ですがおっしゃるとおりブレーキハンドルは2本、一つが列車全体にかかるブレーキ(自弁と言ってます)、もう一方が機関車のみブレーキをかける単独弁です。

確かにEC(電車)などのブレーキ(セルフラップ方式)とは違います。運転、保ち、重なり、常用、非常とハンドル角度によってこれらの操作が可能です

私の場合の運転は、まず常用ブレーキで列車全体にブレーキをかけます(減圧します)。そのとき連結器のバネは圧縮されます。ある程度速度が落ちてくれば、運転位置(ゆるめ)に持ってきてブレーキをゆるめます(込めるといってます)その後保ちの位置に。停止直前に少し減圧して止めるようにしています。多少の衝撃はやむを得ないですね。一番の極めつきのブレーキ操作ができたという回数は少ないですね。本当にかなり難しいですよ。雨の日は特に気を遣います

列車が止まった後停止のためのブレーキの減圧を行い、ブレーキハンドルを保ち位置にします。そうすると客車のみのブレーキは緩みます。
と言うことは連結器のバネの圧縮が無くなりますので。出発の際、ノッチ操作の際の「ガクン」という衝撃を少なくするように運転しています。特に食堂車のあるブルトレの運転には特に気を遣います

時には単弁を使って止まるときもあります。
しかし、機関車はかなり熟練が必要な運転ですね。でも一番運転がおもしろいのも魅力的です
また、かぶりつきされないのでね。

匿名運転士がだんだん匿名ではなくなってきました笑)

私は公休、非番、の時は体力作りをしてますよ。だいたいウォーキングかな?ハードな仕業の前の日はホンと気を遣います。

ブルトレ衰退の原因はやはり機関車や客車の老巧化もかなりあるんですよ。個人的には貨物引っ張っているカマEF500とかが好きですねJR−Kの機関車はかっこいいですね。
Posted by 匿名運転士 at 2006年06月25日 02:21
ELのお話有難うございます。とても参考になりました。そうですねぇ、確かにELの運転は難しそうですね、又、運転士さんによっても走り方が随分違いますね、私が一番、ELの運転に慣れていて上手だなと思った所は、広島〜下関間を運転するJR西でした。乗る度にそう思います。でも毎回、3時間以上、交代無しで、そこの区間を走らせる訳だから、テクニックがあるのも当然ですね(^_^) 

しかしブルトレに乗務する車掌さんは,かなり重労働だと思いました。今はJR西が担当しているんですが,まず下関から乗務して東京まで行って東京に着いたその日の内に下り上りともに,トンボ帰りの状態で,2泊連続勤務になる為,かなり疲れるらしいです。下関に着いて,ようやく乗務も終わり、EF66ともども、おつかれー!てな感じになるらしいです。

さくらと一緒に走っていた頃までは,JR九州の車掌が東京まで担当して乗務していましたが、どうやら、もうタッチしなくなったらしいです。これからはもう(九州新幹線)の時代になってしまい、それがJR九州にとっての一大プレジェクトになっているわけだから、ブルトレにかばっている暇はないのかもしれないですね(ーー;)

匿名運転士運転士さんの言っていた,EF500は,確かにかっこいいと思います!あれは,交直流両用の機関車ですよね、しかも顔が人間っぽいですねJR貨物を運転している運転士さん達は,旅客と違って気分的に楽なのでしょうか?ギャラリーがいないから(●^o^●)

そういえば又又余談になりますが,帰る時,湘南新宿ラインに乗ったら面白い人がいました。
酒に酔っていたらしく,ときおり、あの運転席の覗き窓を見たりもしていましたが、目がすわっていて、かなり【あやしい!】そんな目で見つめられたら,運転士さんは,どう思うのでしょうか?  (?_?) ま、そんな事はどうでもいいや。その人のすぐ横に私は立っていたのですが、体が超!が付く位,思いっきりガクガクしていました。しかもあっちこっちに頭ぶつけそうになりながも、首を横に振ったりして、正気を保とうと努力している事が伺いしれました。でもその動作が、かなり!奇妙でした!近くにいたサラリーマンたちはそれを普通に冷静に見つめているところが私はすごいと思った、、、(@_@;)
ぜったいにあの、しぐさを目の前でされたら、笑わずにはいられないでしょう。(^_^;)さすがに。
かといって思いっきり一人で笑うのもどうか、と思いますが、とにかく,私は笑いをこらえるのに精一杯になっていました。マニアどころのさわぎではないですね(^_^)むしろ、その人を見ていた方が面白いというか、なんと言うか、金曜の夜おそくになると、どうもそういう酔っ払いが多くなりますが、見ていると案外、その日1日の会社での嫌な事とかが笑いによって、一揆に吹っ飛ばされたようで,その人には感謝しなくてはなりませんね(笑)結局その人は横浜で降りてしまいましたが。もう,ホームに入る手前では(は、吐きそうポーズ)だったから、大丈夫かな?[お願いだから車内では出さないで〜!]とは思いましたが,あの後どうしたんでしょうかね?無事家に帰れたのでしょうか?

その前日の日には、
見た感じはどっかお勤めされているクールビズのサラリーマン風のマニアさまでした、でもよく観察していたら、もうかぶりつきも何も通り越して覗き窓に、顔を思いっきり近ずけてみていらっしゃいました、しかも、その運転席を覗く目があまりにも怖かった。見つめられていた運転士さんに同上しましたよ、かなりのプレッシャーだったんじゃないですかねぇ(-_-メ)

それから、私の唯一のストレス解消は線路端にいる事だったのですが、今はもう社会にも,人にも,もまれて,休みの日くらいは電車に乗りたくない病になってしまいましたよ(笑)しかも朝の通勤の時は余程の事が無い限りは湘南新宿ラインには乗りませんが,遠回り電車の中では,隅にいけば,人との隙間があるので手摺とか吊革に&#25681;まりながら立って爆睡している事が多くなりました(-_-)zzz最近はマニアする元気なくなりました。=普通の人?になったのかな?(・・? でも、ブログに載せる為に,デジカメはいつも持ち歩いています!いつ何時電車が撮影出来るように。ホームページを作りたいのですが,なかなか時間がなくて,ちなみにMSN使っていたけど、デジカメの写真が上手く反映されずBIGLOBEに変えちゃいました^^;せっかく構築したものが全部台無しになってしまい、ショックでした。

又何かありましたら書き込みまーす(^^)/~~~


Posted by みい at 2006年06月26日 00:38
言い忘れましたm(__)mホームページアドレス入れて保存したら、【みい】の所に色が付くんですね
知らなかった、、、ブログが見れるようになっているとは、、、(下手な事かけませんねぇ)  上記は解約したアドレスになっていますので、とりあえず、書き直します。
Posted by みい at 2006年06月26日 01:32
現職時代の「記憶に残るマニア様」の一人。
私をはじめ男性係員だと丁寧に話していき、休みのシーズンになると指定券を予約していく。一方、女性の係員には頼みごとを一切しないというちょっと不思議な方がいた。

この方、私の勤務していた会社に就職したかったようで、合格したらご報告に来ます、と言っていた。もちろん,駅としても社員個人個人にしても、彼の就職相談に乗っていたわけでは決してない。

採否が明らかになった時期に、再び現われたマニア様の態度から不採用になったことが推察された。その時の出札担当は私および指導者付の見習い女性社員。
私が接していたお客様が長くかかったため、マニア様は新入女性社員に複数の寝台特急の空席状況、それも号車ごとにすべて見るように要求。その際、専門用語を連発。対応に戸惑う彼女に、穏やかな口調で嫌味をたらたら。彼女の指導係の女性が腹に据えかねて、「ええ大人がいつまで女相手にほたえとんねん!仕事の邪魔や!」と一喝。その迫力に、このマニア様ばかりか、隣の機械で待機していた私、そして奥にいた駅長も迫力に圧倒されてしまった。「じゃりン子チエちゃん」は、我に返ってすぐにマニア様に謝罪し、上にも潔く状況報告。問題はこれ以上拡大せず。
Posted by Via at 2007年06月30日 18:57
「車内改札サポーター?」

結構前の話になります。
踏み切り障害物のために電車が遅れていたある日。時間の制約があったため、定刻でやって来た某JRの特急電車に大都市近郊の駅から飛び乗ったことがありました。発車寸前であったため、指定券を買っている暇もありませんでした。自由席車両は立っている人も雰囲気だったので、車内で追加料金を支払うつもりでひとまず空席と思しき指定席の壁際の席(10号車1A席でした)で車掌を待っていました。

すると、同じ車内にいた、30歳前後の私服の男性が、すっと立ち上がり、デッキに出て行きました。ところがデッキとの仕切り戸がセンサー式の自動扉だっだので、それがすーっと開いてしまった!車掌が来たらしく、彼は「1Aの背広の男性が今の駅から乗りましたよ」と、私のことを「チクって」いるんですね(苦笑)。車掌が「あ、そうですか。それはそれは」と言っているのもまる聞こえ。その車掌の口調が、いかにも戸惑っておりました。勿論、私はただ乗りを決め込むつもりは毛頭なかったので、きちりと差額をお支払いしました。ついでに、「今の方は私服の車掌さんですか?」と聞こうとしたんですが、まあ止めておきました。一応、指定券なしで飛び乗った私も一定の責めがあるわけですし、仮に車内改札が来なければそれこそ不正乗車になってしまうわけでして。

もし私が車掌で、このような「車内改札サポーター」
に出会ったらどうだろう。ふと考えました。やはり、お礼を言うべきなのかな。それとも、改札の不徹底を指摘した苦情の一種として職場に報告しただろうか。対応してくれた車掌の戸惑いに共感してしまいました。
Posted by Via at 2007年11月28日 18:54
個人的には、この記事が一番不快です!!それこそ一番差別的かも。

自分も鉄道関係に限らず周りから見ると奇妙珍妙な振る舞いをしていたことがあったのではと思っているからです。そしてそれは私に限らず誰にでも多かれ少なかれあるはずです。人のこと言えないのではと思いますが・・・。

連結作業を性的なことに例えて話しているけど、これは(生物としての)人間が見るとどうしても本能的に性的なことを連想するんじゃありませんか?例えば主に電車で使われる「密着式連結器」とかは尚更。その形状から。余談ながら「自動連結器」は握手に見えなくもない…。そう、自分で「自動連結器」の連結作業みたいなことを自分の手でやるときなんかは。

確かに私もここで採り上げられているような人を見ると苦笑し恥ずかしい気分になります。しかし私はそういうのを腹を抱えて笑うことが出来ない性質(たち)です。自分もそういうことしてしまうかもしれないという恐れがあるから・・・。

鉄道は極めて公共性の高い場所だから振舞い方には充分気をつけたいものなんですが・・・。怖いな、下手するとこんな風に見られるんだろうから。「鉄道趣味が市民権を得ない」ってこういうところから来てそう。

印象をよいものにできるようにしていきたいです…。
Posted by dfh at 2008年01月14日 01:04
気が付けば、この記事に対するコメントはずいぶん多いですね。
鉄道マニアと現場社員のドラマは数知れないのでしょうね。

皆さんが知っている記憶に残る出来事があれば、また書き込んでください。
鉄子のみいさん、どうしているかな?
Posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 2008年01月14日 19:22
現場社員と「マニア様」という中身ではないですが。

私の身の回りにいる人から聞いた鉄道趣味絡みの話。
@中高時代の同級生で、模型店の跡取息子がいます。
彼曰く、ここ二・三年、若い女性の客がNゲージを
買い求めていくことが目立ってきた、というんですね。決して数は多くはないのですが、所謂女性のファッション誌を片手に、Nゲージを見に来たOL風、女子大生風の客が、寝台の廃止・削減が話題になったせいか、「銀河用の大ミハの24系客車はありますか」
「北斗星のEF81と24系が欲しいんですが」という
注文を受けたそうです。
A書店での観察
知り合いの女子学生が、毎月発刊雑誌の付録を集めて
鉄道ジオラマを作っているという話をしていたことから、これまた顔見知りの書店員に聞いてみました。
「ええ、女性のお客様は決して少なくないですね。」
確かに、「ジャーナル」、「ファン」、「ダイヤ情報」という伝統的な鉄道誌を買う女性客はさすがに
少数派(私がよく使っている本屋に限ってのこと)。
しかし、車両の形式や運用を分かりやすく?解説した
他社の雑誌や旅行記をふんだんに取り入れた雑誌は、
女性客の支持を集めているらしいです。先述の女子学生のように「昭和」の鉄道風景を再現するために、毎月の付録として模型のパーツを入れている雑誌を買っていく女性も少なくないということでした。話を聞いている傍から、若い女性が、ファッション誌と模型入りの鉄道誌を買っていきました。
Posted by Via at 2008年01月15日 16:26
ちなみに、模型店の跡取息子(彼の趣味はサーフィンとギターバンドで、既に妻帯者)と私の間で同意見だったのは、鉄道趣味を持っているというだけで、その人を否定的にみるかといえば、決してそのようなことはないということです。dfhさんのコメントから私なりに言わせていただけば、問題は「鉄道趣味を持っていること」ではなく、「相手とコミュニケーションを取れないこと」「他者への共感を持てないこと(エチケットやマナーへの違反)」「他者の価値観を受け入れられないこと」だと思います。
Posted by Via at 2008年01月15日 16:38
Viaさん

問題は「鉄道趣味を持っていること」ではなく、「相手とコミュニケーションを取れないこと」「他者への共感を持てないこと(エチケットやマナーへの違反)」「他者の価値観を受け入れられないこと」だと思います。

とおっしゃっていましたが、私も概ねそのような意味で申し上げました。社会での振舞い方、コミュニケーション全般の問題として。

記事で出てきた「マニア様」は公共の場での振舞い方に問題があったのだと思います。そういう人を見ると鉄道の場面でなくても見ているこっちが恥ずかしくなりますし、私自身も鉄道の場所やそれ以外の場所でもやってしまったことがあると思います。

「脱オタクファッションガイド」という本があります。内容を簡単に説明すると
『見苦しいファッションを最低限見苦しくない程度によくしよう!そのためのアドバイス』
というものですが、この本にはもう一つ大きな特徴があると思います。それは振舞い方の指導です。読んでいるうちに、
周りから「引いた」り「浮いた」りする 言動や行動にも気をつけたほうがいい、
ということを あの手この手の表現を使って書かれているように思いました。

これはまさしく連結作業に進捗にあわせ、みっともない形で興奮してしまった「マニア様」だといえなくもないと思います。

個人的には、この記事の内容の本質はこのようなものとしても捉えることが出来ます。振舞い方の問題です。なので、「鉄道マニアだから」で捉えられてしまうことは快くないです。

本ではアニメやゲーム関係のオタクを採り上げて話が進んでいました。しかし、見た目の問題・振舞い方の問題は鉄道のマニアにも当てはまると思います。もちろん全てのマニアに当てはまるわけではないです。

記事のほか、コメントにも出てきたような人がいるから鉄道趣味の印象が悪くなっているのでは?と思います。個人的には鉄道関係の場面で「やらかした」人のことを「マニア」で片付けてほしくないのですが…。とはいっても印象を悪くするのは否めないです。だから、鉄道趣味の印象をよくするために、私も見た目や振舞い方には充分気をつけていきたいと思います。
Posted by dfh at 2008年01月16日 23:44
Viaさん

鉄道模型を買う女性の話、正直驚きました。
この話だけでも、鉄道の趣味がずいぶんと市民権を得たように感じますね。
そんな女性の関心がどこまで続くか、興味あります。
Posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 2008年01月19日 05:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12416329

この記事へのトラックバック