福知山線脱線事故(猪名寺駅通過)

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top福知山線脱線事故 >福知山線脱線事故(猪名寺駅通過)

福知山線脱線事故(猪名寺駅通過)

前回までのあらすじ)
福知山線の脱線・転覆事故は、ハンドルを握って1年弱の、23歳の運転士によって引き起こされた。
彼は、入社してから懲罰をいくつか受け、模範的な社員ではなかったが、異常というほどでもなかった。事故の日(平成17年4月25日)も、放出派出〜松井山手〜宝塚と、2時間ほど異常のない運転を行っている。

しかし、宝塚駅から彼の運転がおかしくなる。
誤って速度オーバーで宝塚駅に進入すると、動揺して所定の動作が行えなくなり、ATSの非常ブレーキで途中停車する。さらに彼は、そのミスを指令に連絡せず、ATSの非常ブレーキを勝手に解除する。また、車掌が指令にミスを報告しないかどうか、神経を尖らせる。

彼は、折り返しの快速列車を発車させるが、この列車は朝のラッシュで遅れ始めてしまう。遅れを回復させようと速度を最大まで上げるが、伊丹駅手前で2度目の大きなミスを犯す。宝塚駅でのミスがフラッシュバックし、ブレーキタイミングを逸してしまい、伊丹駅を72m行き過ぎて停車。退行運転を行って、遅れは1分8秒に拡大。ミスにミスが重なってしまった・・・。


【猪名寺駅通過】

(以下、「鉄道の裏面史」をご覧ください。)



福知山線脱線事故については「鉄道の裏面史」で書籍化されました


2015年5月新刊
鉄道の裏面史

「鉄道業界のウラ話」
文庫本

単行本

文庫本

posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福知山線脱線事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック