福知山線脱線事故(そして転覆・脱線)

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top福知山線脱線事故 >福知山線脱線事故(そして転覆・脱線)

福知山線脱線事故(そして転覆・脱線)

前回までのあらすじ)
平成17年4月25日、宝塚発、同志社前行きの快速5418Mは、塚口〜尼崎間で脱線・転覆し、大変な数の死傷者を出した。これが福知山線の脱線事故である。

この事故を起こしたのは、23歳の若い運転士。彼は、回送電車を宝塚駅に到着させる際、誤って速度オーバーで進入し、動揺して、ATSの非常ブレーキで列車を途中停車させてしまう。
これが、彼が犯す最初のミスである。

事故列車(快速5418M)の乗務では、宝塚駅のミスが頭から離れず、ブレーキタイミングを逸し、伊丹駅を72mも行き過ぎてしまう。ダイヤも1分以上遅らせてしまった。
これが2回目のミス。

ミスを重ねた彼だが、冷静さを取り戻さない。ミスの連鎖を止めようとせず、その隠蔽ばかりに神経を尖らせる。
車内電話で車掌を呼び出し、伊丹駅の72m行き過ぎを、実際よりも距離を短く申告するように頼み込む。しかし、車掌に通話を途中で切られ、頼みを了解してくれたかどうか分からない。
車掌は、オーバランのお詫びの車内放送をした後、指令を呼び出して遅れを報告し始めた。
ちょうど最高速度の120km/hに達したこともあり、彼はハンドルから手を離すと、右手の手袋を脱ぎ捨てて、急いで赤鉛筆を取り出した。車掌と指令の通話を記録しようというのである。


【福知山線脱線事故(そして転覆・脱線)】

「こちら指令どうぞ。」

「5418Mの車掌です。どうぞ。」

「5418M車掌、内容どうぞ。」

いよいよ車掌が、自分の運転ミスを報告し始める。彼の運命は、この報告次第で大きく変わる。

今回のミスは、日勤教育になるのは仕方がないとしても、最悪の場合、処罰によって運転士から外されるかもしれない。

それは、本当に最悪だ。現場採用社員は、駅員、車掌、運転士と歩むのが既定のキャリアパスで、彼も、同期の仲間と一緒にこの階段を上ってきた。それにまだ、運転士になって1年しか経っていない。
もし運転士から外されると、同期の中で一人だけ落伍者になってしまう。同期だけではない。後輩もこれから続々と運転士になるのだ。

(以下、「鉄道の裏面史」をご覧ください。)



福知山線脱線事故については「鉄道の裏面史」で書籍化されました


2015年5月新刊
鉄道の裏面史

「鉄道業界のウラ話」
文庫本

単行本

文庫本

posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 08:21 | Comment(6) | TrackBack(0) | 福知山線脱線事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。私は鉄道会社に就職を希望する大学生です。過去の日記から徐々に読ませて頂き糧としたいと考えております。いきなりのコメント大変失礼しました。
Posted by おーま at 2010年12月17日 09:55
おーまさん

書き込みありがとうございます。
一部、書籍化により除外(有料化)したコンテンツもありましす。書籍の方は、大幅に肉付けして鉄道会社の雰囲気をわかるようにしましたし、半分は書き下ろしの新規コンテンツです。
宣伝ですが、書籍「鉄道業界のウラ話」もよろしくお願いします。
Posted by 佐藤充(管理人) at 2010年12月17日 18:55
はじめまして。
鉄道ウラ話を読ませていただきました。
元私鉄運転士ですが、福知山線脱線事故では、人災に近いものを感じました。
まだ、経験が浅いこともあり宝塚駅入線時には、2度もATSが作動したことで完全に動揺していたと思います。
車掌が、エンド交換時の会話からも代替要員手配を取るべきだったと思いました。
経験を積めば、オーバーランの説明も言い訳を覚えていくんでしょうが。
私は、イベント開催日の臨時停車を乗車前点呼で確認したにも関わらず、完全に失念して、誤通過防止装置の接近警報で気がつき車両1本半やりましたが、その後汗だくでした。

この事故は、日勤教育が悪い方に働いた結果です。
私なんかは、出世に欲がなかったので、入替運転士になりましたが。
Posted by ハレルヤ at 2012年11月29日 13:32
ハレルヤさん

ご購読ありがとうございました。
また、貴重なご意見ありがとうございます。

ミスをしたときの人の心理。考えさせられます。
Posted by 佐藤充 at 2012年11月29日 21:33
手に汗握ります

事故報告書からの推定、(創作)ですよね
でも
内部の人なら当然見えてくる話なのでしょう


慣れた頃が一番危ない って所でしょうか
ミスがミスを呼び、、動揺して注意散漫に
誰でもある事なのかなあ

後世で劇や映画ドラマになりそうな悲劇です
(亡くなられた方お悔やみ申し上げます)

その後西の会社はどう改め改善したのか

他社ではどうなのか 

大事になってないが似たような事例は、、と

結局最終的には自動運転化が解決策なのだろうか

そんなことを想いめぐらせます
Posted by スト以来JR嫌いなマニア at 2013年10月28日 23:16
一気に記事を読ませて頂きました、ほんとにそのままな内容です。
そこに居ると当たり前ですが良い面、悪い面在りますね
この事故後運転士は非常に厳しくなっています、その当時のJR西もひどいですがそれ並みに厳しくミスが許されない恐怖心による支配があります。
この背景で素直に報告する事が出来るのか?
ミス前提の報告し易く安全運行第一に戻し易くする現場の構築が急務と思います。
オーバーラン、ATS動作、停車駅通過など思い込みや意識低下は致し方ないです、ミスは誰しも起こしたく無く、修正すればいい、認め無いお客様の意見は理解出来ない
こんな事故に繋がる方が問題で今も危険性があることをお客様も経営者も理解してほしい。
こんな事故以前では起こりえずいい例が、曲線部へのATSなんて設置せずとも自殺行為とも取れる運転自体出来ない、その位馬鹿げた設置、安全では有るけど、優先順位では最下位だと思う、歴史上任意で高速で侵入する無謀運転する馬鹿もいない事故も無い
運転出来ないくらい追い詰める行為が問題で真の安全へ向けて何が問題が理解して欲しいです。
悲しいけど再度起こりうる事故だと思います。
Posted by 猫 at 2014年06月14日 00:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック