信楽高原鐵道事故(近江鉄道の頃)

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top信楽高原鐵道事故 >信楽高原鐵道事故(近江鉄道の頃)

信楽高原鐵道事故(近江鉄道の頃)

彼は、平成に入る前、近江鉄道の運転士として、24年間ハンドルを握り続けた。

この彼が、のちに信楽高原鐵道事故の重要人物となるのだが、本名を紹介する必要はないだろう。このまま「彼」として書き続ける。

彼が勤めた近江鉄道は、略すると「近鉄」になるが、巨大私鉄の近畿日本鉄道とは違う。近江鉄道とは、滋賀県を走る小さな鉄道会社で、琵琶湖の南の近江盆地を、米原から南西方向に貴生川(きぶかわ)まで走る。東海道本線のさらに南の路線である。

貴生川は、東海道五十三次の水口(みなくち)宿にあたる旧宿場町で、水口宿から西は、石部宿、草津宿、大津宿、京都へと至る。現在でも貴生川は、JR草津線、近江鉄道、信楽高原鐵道の3路線が交わり、地方ながら鉄道交通の要所でもある。

近江鉄道は、鉄道交通の要所である貴生川と米原を結んではいるが、実態は赤字ローカル線だ。
ダイヤは、日中だと30分に1本しかない。電車は、1両か、2両編成のワンマン運転。駅の多くは無人駅。運転士といっても、駅に到着すればドアも開けるし、無人駅では切符の回収もする。

彼は、そういう運転士を24年間続けてきた。

(以下、「鉄道の裏面史」をご覧ください。

続く



信楽高原鐡道事故については「鉄道の裏面史」で書籍化されました


2015年5月新刊
鉄道の裏面史

「鉄道業界のウラ話」
文庫本

単行本

文庫本

posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 信楽高原鐵道事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173894542

この記事へのトラックバック