対立する鉄道各社

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top鉄道会社の裏事情 >対立する鉄道各社

対立する鉄道各社

NTTグループというのがある。
持ち株会社の下、東日本、西日本という地域会社があり、携帯電話のNTTドコモも抱える。旧電電公社である。

JRグループというのはない。
JR各社はすべて旧国鉄だが、分割された各社に資本関係はない。社名に同じ「JR」を掲げ、マークも同じ(色が異なるだけ)だが、完全な別会社である。

資本関係がないのが原因の一つなのか良くわからないが、JR各社の中に、仲の悪い関係がある。
固有名詞は挙げないが、最大手の二社である。

この二社、あるターミナル駅をシェアしており、文字通りお隣さんなのだが、経営者の仲も悪ければ、労働組合同士も対立している。

実は、それぞれの第一の労働組合の系統が異なっているのだ。つまり、民営化後、会社が手を組んだ労働組合が相違した。(正確には、民営化後しばらくして結果的にそういうことになった。)

第一組合となり、総合職のすべてと民営化後に採用されたすべての社員を取り込み、圧倒的な力を持った組合が、他方の会社では第一組合になれず、組合員の昇進も停止されて干された状態になった。

このねじれにより不思議なことが発生する。
それぞれの第一組合は、自社の会社を批判するのではなく、他社の会社とその第一組合を批判することになったのだ。

組合の話に深く立ち入るのは止めよう。ねじれの構図だけ理解してもらえればいい。

経営者同士も仲が悪い。今は少しは改善したのだろうか、民営化当時の経営者は本当に仲が悪かった。
筆者がここでその詳細を書くより、本人が書いた本を読めば良くわかるだろう。
本の中で、驚くほど露骨に批判している。
(Amazonへリンク)

民営化当時の経営者は、国鉄の改革派ということで注目を集め、その後、政財界などでも活躍している。
そんな彼らだが、互いに批判しあった。

とある新幹線の新駅の事業では、両社の調整が十分されないまま事業計画が進み、互いに不信を確立してしまった。
不信に陥ると、清濁併せ持つ鉄道の世界だけに拍車がかかる。

民営化で、政治とは無縁になって出直してきたはずの鉄道だが、グレーなところは残る。
国会の場で、国会議員がJRの社内の問題を提起したり、警察が事件性を調べたりすることは、当時から今日まで断続的にある。そうなれば、

「国会で批判をするように議員に働きかけたのは、他のJRではないのか?我が社に敵対しているのではないか?」

「あっちのJRは、民営化後おかしなことになっている!新駅事業もこの件もそうだ!」

と反応する。
外部から批判されると、背後で糸を引く者の存在を疑うのが習性になるくらい、鉄道には暗い闇がある。
本当に他者が裏で工作して国会で取り上げられるようにしたのか良くわからないが、疑いを持ちたくなるほど、鉄道には政治性があるのだ。

国鉄時代の経営者は国会対策が仕事であったし、社内が政治勢力で色塗りができるくらいの闘争の歴史がある。民営化で大きく変わったとはいえ、真っ白にはなれない。

各社は民営化後、会社を順調に発展させてきた。赤字で破綻した国鉄の殻を脱ぎ捨て、自立した経営ができるようになった。
見事なスタートである。しかし、不信、政治性の体質は抜けきらない。

各社とも初代の経営者は身を引き、バトンはつながれたが、そろそろ中興の祖が望まれよう。中興の祖には、関連事業などの経営強化よりも、国鉄以来の政治的な体質、社風から完全脱却し、もう一度「民営化」させて欲しい。

(この記事は2006年9月に書きました。)

posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 21:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道会社の裏事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JR各社の対立の構造については、あまり知られていないように思います。6社間協定の問題がエクスプレスカードの普及により、なんとなく一般の人にも見えてきたように感じますが、まだまだわかりません。是非、その辺りもお書きください。
Posted by dechidon at 2006年09月25日 07:48
始めまして。
興味深く『鉄道業界の舞台裏』を読ませていただいています。
管理人さんに是非悩みというかお話を聞かせて頂きたいのですが、どうすれば管理人さんと連絡が取れるのでしょうか?
Posted by 鉄道業界内定者 at 2006年10月02日 19:05
鉄道業界内定者様

トップページにメールアドレスを公表しています。(左上)
http://railman.seesaa.net/
Posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 2006年10月02日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック