鉄道特集を出す東洋経済編集長の痴漢事件

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top鉄道関連の本と音楽とDVD >鉄道特集を出す東洋経済編集長の痴漢事件

鉄道特集を出す東洋経済編集長の痴漢事件

「また鉄道ネタか・・・」

今朝(2012/2/20)、日経新聞の3面広告を見てため息が出た。

我々のようなサラリーマンをターゲットにした週刊誌は多いが、月曜日には東洋経済とダイヤモンドという硬派な雑誌が発売される。
この2誌のレベルは高く、多くのデータを分析し、読みやすく、面白い特集記事を作ってくれる。

ただ、私が少々気になるのは、特に東洋経済の鉄道特集が多いことだ。
ちなみに、本日(2012/2/20)発売の東洋経済も鉄道特集である。

(2012年2月) 週刊 東洋経済 鉄道再起動

(2011年6月) 週刊 東洋経済 増刊 鉄道完全解明2011年

(2011年4月) 週刊 東洋経済 鉄道被災

(2011年2月) 週刊 東洋経済 鉄道最前線

(2010年6月) 週刊 東洋経済 増刊 鉄道完全解明2010年

(2010年4月) 週刊 東洋経済 鉄道新世紀

(2010年2月) 週刊 ダイヤモンド 臨時増刊 This is JR


昨年(2011年)は増刊も含めて3回も特集したことになる。
それだけ、鉄道ビジネスのネタは売れるのだろう。

気持ちは分かるが、一読者として言うと、少々食傷気味である。

もっとも、私の場合はその批判が自分自身に跳ね返る(苦笑)
先日発売された「最新鉄道ビジネス」(洋泉社)は、まさにこういう鉄道特集の読者をターゲットにしたもので、私はそこで原稿を書かせてもらったのだ。

余談を書いたが、本題はここからである。
先週金曜日(2012/2/17)の深夜、この東洋経済の編集長が、京浜東北線の車内で痴漢をした容疑で逮捕されてしまったのだ。
23時過ぎのことで、20代と30代の女性2人が尻を触られたという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120219-OYT1T00075.htm

このニュースが流れたのが、昨日(2012/2/19)の日曜日。つまり、東洋経済の鉄道特集が発売される前日である。
冤罪でないとしたら、なんともすごいタイミングではないか。
(痴漢は冤罪も多いので、慎重になるべきだが。)
http://railman.seesaa.net/article/91655529.html

編集長は、鉄道特集の紙面を作り終えた後に酒を飲み、帰りの電車で痴漢をしてしまったのだろうか。
酔っていて覚えていないようだが、わざわざ話題になるタイミングで事件を起こしてしまった。
鉄道で痴漢をしてしまった編集長、その編集長が手掛けた鉄道特集の雑誌が、全国に発売されてしまったのだ。



さて、一読者として勝手なことを言わせてもらえれば、これを契機に(・・・というのは変な発想だが)、編集長も代わるだろうし、そろそろ鉄道特集の回数を減らしたらどうだろうか。
私以外にも、食傷気味の読者は多いのではないだろうか。

私自身、月曜の日経新聞を開くとき、ダイヤモンドと東洋経済が何を特集しているかを楽しみにして開いている。皮肉ではなく、レベルの高いこの2誌には、良い特集を作り続けて欲しいと思っている。

鉄道の特集が多いのは、少し安易な感じがする。
期待しているが故に、時流をつかんだ、それでいて知られざる面白い特集をこれからも期待している。
posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 23:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道関連の本と音楽とDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
8/4発売である今週出回っている週刊ダイヤモンドで
JRVS私鉄なる鉄道もの特集をしていますよ。
私鉄の駅の売店で見かけて購入して読んでみましたが、
単なる経営的な対立だけでなくて、鉄道車両業界のこととか、
第三セクターのこと、新幹線のことなどまで記事にしていて
なかなか好感が持てました。
が、新鮮味は全然ないなー
なんだか周知の事実ばかりな感じでしたね…
Posted by kugiee at 2012年08月02日 22:40
kugieeさん

私も読みました。
やはりレベル高いですよね。

「JR vs 私鉄」というのは、買わせるための煽ったタイトルだなーと思いましたが。

でも、買って後悔はしなかったです。
Posted by 佐藤 充 at 2012年08月03日 07:54
個人的には第三セクターの公募社長さんに
旅行会社出身者が多いのが面白いなーと。
やはり、旅行のプランを考える際にどう使うか、
といった点でどう改善していったらいいかが
リアルに結びついているのかな?なんて
思ったりしました。
あとは第三セクターの成績表のような黒字会社の
少なさには予想されていても唖然とします…
大阪市長がみたら怒りそうw
Posted by kugiee at 2012年08月04日 19:39
はじめまして。
東洋経済の鉄道特集が、今回はレギュラーの号ではなく増刊のムックという形で出ています。
しかし今まで散々書いてきた素材・ネタの焼きまわしで何をいまさらって感じです。
というより、今までのテンプレそのままです。
だいいち、過去の東洋経済の鉄道別冊も、今までの号の凝縮であり再掲です。
今回の増刊も、西武東上副都心東横の直通や東横の日比直打ち切り、オレンジカード廃止などのタイムリーなネタは無視しています。
Posted by netwatcher at 2013年02月16日 01:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253310365

この記事へのトラックバック