これからの活動と今回のGW

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top鉄道会社への就職・その他雑記 >これからの活動と今回のGW

これからの活動と今回のGW

私は10連休でした。

やったことは2つ。

出版企画の練り直しと、今後の活動についての検討です。


結果は、出版企画の方は再提出できました。

鉄道事故も盛り込みましたが、分量は1/3に減らし、もっと「盛りだくさん」なものにしました。

じっくり事故のことを書きたいと思っていましたが、「ボツ」になりましたし、

「色々なテーマをじっくり書けば面白いかなぁー」

と思い、練り直しました。


一方、今後の新しい活動は決まりませんでした。


今までの活動を振り返ると、

「鉄道業界の舞台裏」は、

「就職先として人気のある鉄道会社だが、実態を知らないで就職する人が多い。」

と痛切に感じて、

「これを知らせて、就職のアンマッチを減らしたい」

との強い思いを持って始めました。

おかげさまで、「鉄道業界のウラ話」として出版することができました。
http://amzn.to/YzooLn
http://amzn.to/YzoyT1


それとは別に、富山に出張したときの経験で、

「新幹線と特急の表形式の時刻表が必要!」
(出張者には便利、というか私自身が欲しかった)

との思いがあって、「富山駅」というサイトを、プログラムをゴリゴリ書いて作りました。
http://www.noritsugi.net/toyama.html
(ある程度のアクセスはあるが、イマイチな状態。)


そして、鉄道事故を上から目線ではなく、「我々が当事者だったら」という同じ目線で、「失敗」の追体験をしてもらいたい。

また、ここ2年のライター仕事で知った鉄道ネタ(日の目を見なかったネタ)を「伝えたい」という思いが、今回、出版企画をチャレンジしようという原動力になっています。

(鉄道事故については、「鉄道業界の舞台裏」でも、一部紹介しました。)


それぞれ、数年という長い年月がかかりました。


では、これから何をすべきか?何に情熱を注ぐか?

出版企画の結果が出るまで、模索していきます。
posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 21:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道会社への就職・その他雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しみに拝見しております。
最近は鉄道ファンといったものが世間に定着し、何かと注目されることが多い業界です。

確かに、公共交通として多くのお客さまにご利用いただいている物の一つです。一方未だに、鉄道=国鉄のイメージが強く、私は勤めて約3年経過しますが、「だから、国鉄は!」と、多々言われる場面がありました。

最近は国鉄採用も減少し、後10年もすれば殆ど居なくなるまでになりました。
国鉄を全く知らない世代が出てきても、未だにこの様なイメージが無くならず、国鉄解体を決めた世代の方々がこの様な事を言っており、最近では新聞でも鉄道会社が営利を追求してるような記事も見受けられます。

しかし、民間企業が利益を追求するのは当然の成り行きではないでしょうか?
一民間企業である鉄道会社に、地域の発展を押し付けるように開駅をさせ、後は鉄道会社の責任。
企業存続の為に利益をだす様なことをすると、公共交通として・・・と批判を受ける。

この様な事で、公共交通維持ができると世間は思っているのか?とふと思うときがあります。

鉄道会社の今後のあるべき姿、そして、この社会との関係は今一度、考えるべきではないかと思います。

まとまりの無い文章で申し訳ございません。
多くの雑誌などで鉄道に関する記事を手がけている
Posted by 鉄道員 at 2013年06月25日 23:51
鉄道会社も民間の会社ですから、利益を追求するのは当然の事ですよね。

私も現在の鉄道会社の体質で、これから生き残っていけるのかと疑問を常に感じています。未だに残る労働組合の体質、絶対的な人事権、徹底した縦割り体質などです。

私は技術系社員ですが、技術系と言っても大変多くの分野の仕事があります。しかし、ある1つの分野の仕事でしかさせて貰えない実態があります。

鉄道会社本体の社員は、様々な分野の仕事を経験し、幅広い分野での仕事が出来る様にならないと生き残れないと考えています。工事の技量や知識については、関連会社には敵いませんし、本体である鉄道会社の社員は「何でも屋」にならないと鉄道会社の社員としての存在意義が薄い気がします。

社会との関わりについても、分割民営化後25年が経過し、少子高齢化やマイカーへのシフト、地域によっては莫大な赤字を抱えている路線も多々あり、大都市や新幹線、関連事業の黒字で地方路線の赤字を埋めている実態もあります。

JR主要会社が順調な経営が続いているため、世間は鉄道についての危機感が無いと思われます。職場の雰囲気も悪くなってきており、上司からの絶対的な服従、本来業務とかけ離れたレポートの作成を若手社員に押し付けるなど、一般の方は何も知らないでしょう。

鉄道に関心を持って頂くことは、鉄道員として大変嬉しい事であり、励みにもなりますが、現在の鉄道会社の本当の体質が知られたら、一気に鉄道に対して幻滅するでしょうね。

Posted by 主任鉄道員 at 2013年07月09日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/359241342

この記事へのトラックバック