【近況報告】「世界一すごい! 日本の鉄道」(別冊宝島)

 「明暗分かれる鉄道ビジネス」

佐藤 充 4年ぶりの書き下ろし!
沿線に住民がいる限り、あるいは東京~大阪を移動する人がいる限り、JR東日本やJR東海には金が落ちる。その金額は2〜3兆円にもなり、まさに「金のなり木だ」。一方、需要の少ないところではいかに身を切る努力をしても経営が成り立たない。
JR各社と大手私鉄の鉄道ビジネスを俯瞰的に見渡しながら、儲けの仕組みを解き明かす。
2019年9月30日発売
Top鉄道関連の本と音楽とDVD >【近況報告】「世界一すごい! 日本の鉄道」(別冊宝島)

【近況報告】「世界一すごい! 日本の鉄道」(別冊宝島)

「世界一すごい! 日本の鉄道」(別冊宝島)

が出版されました。私も執筆者の一人として携わっています



この本は、タイトルは少し仰々しいですが(笑)、技術的な内容が多く、想像以上に(?)硬派な本に仕上がっています。


私が書いたのは、

「高速鉄道の雄 新幹線の真の実力」

です。


日経新聞の読者などは、「高速鉄道の輸出競争」の記事を多く見かけると思います。

では、新幹線、TGV、ICにEは、どのような特徴(違い)があるか。

例えば車両の大きさとか・・・。(新幹線の方が車幅が広い)

目新しいことを書いているわけではないですが、整理して8ページにまとめています。

良かったら、書店で手に取ってみてください。


また、2冊目の出版が決まりまして、現在執筆中です。

出版企画が通ったのが5月で、それ以来、ずっと執筆をしています。

資料をだいぶ読んでおり、また書き直しも多くて非常に時間がかかっています。

越年は確実ですが、なるべく早く出版できように頑張ります。
posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 22:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道関連の本と音楽とDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ブログ読ませていただきました。

私は来年の春から鉄道業界の現業に勤める者です。ブログを拝見し不安がふつふつと舞い上がってまいりました。
いくつか、質問させていただけませんか。

管理人様、もしコメントみましたら、返信をお願いしたいです。
Posted by 鉄道子 at 2013年12月11日 03:12
鉄道子さん

コメント拝見しました。
私で良ければ、質問ください。

ここに書き込んでいただいても、「お問い合わせ」経由でも、どちらでも結構です。

よろしくお願いします。
Posted by 佐藤充 at 2013年12月11日 07:22
初めまして。
これまでも多くの記事を拝読しました。
タイトルは少々仰々しいですが、実際その通りだと思います。皮肉な話ですが、3分の遅れでお詫び放送が入る点とか・・・。
でもそれがあの大惨事につながったりしているので、一乗客としても考えていかねばいけないことだと思います。
Posted by スイープ at 2013年12月21日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック