新幹線ビジネス成功の秘密 (洋泉社MOOK)

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top鉄道関連の本と音楽とDVD >新幹線ビジネス成功の秘密 (洋泉社MOOK)

新幹線ビジネス成功の秘密 (洋泉社MOOK)

少し前のことになりますが、

 「新幹線ビジネス成功の秘密 (洋泉社MOOK)



 が出版されました。私も執筆陣に加わっています。


 私が執筆したのは、特集の中では、

 ・Part 1の「路線力」の東北・上越・北陸・山陽の各新幹線
 ・Part 3の「駅力」の東北・上越・北陸の各新幹線

 です。独立したコラムでは、

 ・Part 4の「JRが支払う“貸付料”と新幹線建設費のカラクリ」
 ・Part 4の「新幹線駅の誘致で巨額の税収を得る自治体」

 を担当しました。


 今年は新幹線開業50周年ということで、新幹線の歩みが特集です。
 
 分析してみると、新幹線も路線によって歩みが異なるのが良くわかります。

 山陽新幹線では、航空機との競争が足跡に現れていますし、長野(北陸)
 新幹線では、軽井沢・佐久平と上田・長野で、駅によって明暗が分かれた
 のが分かりました。

 さて、これから開業する北海道新幹線や北陸新幹線の延伸では、どのような
 結果がもたらされるでしょうか。


 私が読者として興味を持ったのは、

 Epilogueの「人口減少時代の新幹線論」

 でした。人口減少時代に開業するリニア中央新幹線。大阪まで開業するのは
 約30年後ですが、そのとき日本は・・・!?

 リニアの話題で湧き上がる中、冷静な分析をされている先生がいます。


 ぜひ、ご一読ください。http://amzn.to/1qRgBjJ


 (目次)

 ◆Introduction 今なお拡大を続ける「新幹線ビジネス」の過去・現在・未来

 ◆巻頭
 データで読み解く東海道新幹線成功の秘密
 〜半世紀にわたり利益率5割を維持する驚異のドル箱路線〜

 ◆Part 1 新幹線8路線の「路線力」〜1旅客人キロあたり20円台の収支構造に迫る!!〜
 ・データ比較!! 新幹線6路線の収支構造
 【東北新幹線】高速道路割引で落ち込むが震災後は復興需要で回復
 【秋田新幹線】「はやぶさ」連結でスピードアップ 震災時からの巻き返しを狙う
 【山形新幹線】新たな新幹線ビジネスのかたち 航空機のシェアを奪う
 【上越新幹線】スキー客、通勤客で輸送量が急増するも、その後横ばい
 【北陸新幹線】軽井沢と佐久平が好調 駅によって明暗が分かれる
 【山陽新幹線】震災や航空機の台頭で落ち込むも2003年のダイヤ改正で復調
 【九州新幹線】全線開通、山陽新幹線との直通運転で旅客収入は10年で4倍に
 ・新幹線+温泉!? 高速鉄道に“お座敷”を取り入れる新戦略「とれいゆ」
 ・東海道と異なる進化を遂げた山陽版「ひかり」
 ・運賃設定にみる国鉄の迷走
 ・JR4社のリソース活用戦略
 ・「ミニ新幹線」が広げる新幹線ビジネスの可能性

 ◆Part 2 究極の“おもてなし”車内サービスの進化史
 ・車内サービス50年史
 ・60種もの多種多彩な品揃え 車内販売の売上ベスト3
 ・車内販売のプロフェッショナルに聞く パーサーの熟練した技術と“やりがい”
 ・グリーン車、グランクラス、食堂車 特別車両の経済学
 ・新幹線お得切符徹底ガイド 
 ・ネット予約、割引切符から見るJR各社の思惑

 ◆Part 3 新幹線全96駅の「駅力」
 ・データで見る 新幹線全96駅
 【東北新幹線】東京・仙台方面への通勤客多し 観光地へのアクセスは利便性に偏り
 【秋田新幹線】乗車人員は少ないが秋田の観光拠点として機能
 【山形新幹線】11駅中7駅がJRの他路線と接続しない“新幹線特化型”路線
 【上越新幹線】スキー人口の減少下げ止まり レジャー需要増に期待
 【北陸新幹線】延伸で需要減が懸念される長野 豊富な観光資源の活用がカギに
 【東海道新幹線】1日乗車人員10万人超えの大ターミナル5駅を擁する
 【山陽新幹線】約半分に「のぞみ」が停車 西日本のターミナルを担う
 【九州新幹線】商業施設との相乗効果で2大ターミナルは利用者増
 ・地方が期待する駅名の宣伝効果

 ◆Part 4 インフラとしての新幹線
 ・JRが支払う“貸付料”と新幹線建設費のカラクリ
 ・新幹線駅の誘致で巨額の税収を得る自治体
 ・技術革新がもたらす建設コスト削減策
 ・東海道新幹線はもっとも成功したインフラ
 ・新幹線の登場で役目を終えた特急列車たち

 ◆Part 5 新幹線輸出ビジネス最前線
 ・“ビッグ3”を猛追する中国2大鉄道メーカーの躍進
 ・JR東海の海外輸出戦略
 ・日本型高速鉄道を世界標準に

 ◆Epilogue 新幹線ビジネスの未来
 ・北陸、北海道新幹線成功のカギ
 ・人口減少時代の新幹線論
posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 15:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 鉄道関連の本と音楽とDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しています。
先日友人の車掌がレッドカードをやらかしました…彼は運転士試験の真っ只中。昇進ができないと言いつつ泣き崩れていましたが、もう彼に未来はないのでしょうか。
Posted by ぴぃ at 2014年09月06日 09:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404645377

この記事へのトラックバック