運転士の眠い昼下がり

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top就職の現場(運転士・駅) >運転士の眠い昼下がり

運転士の眠い昼下がり

電車の運転台。子供の頃あこがれなかっただろうか?
前面に広がる風景を独占でき、電車を動かせる。

鉄道会社に勤めても、誰でも運転できるわけではない。電車の運転にも免許があるわけで、社員も長い訓練を受け、試験に合格しなければハンドルを握ることはできない。

しかし、運転手にならなくても、運転こそできないものの運転台に座ることはできる。
大卒の総合職採用で入社すると、配属前の「実習」で数日間、運転手の横に座って一緒に乗務する機会があるのだ。

※書籍「鉄道業界のウラ話」の元ネタであるため、本文は有料コンテンツとして公開します。

書籍「社名は絶対明かせない 鉄道業界のウラ話」 →Amazon →楽天

posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 就職の現場(運転士・駅) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック