運転士の眠い昼下がり

 「明暗分かれる鉄道ビジネス」

佐藤 充 4年ぶりの書き下ろし!
沿線に住民がいる限り、あるいは東京~大阪を移動する人がいる限り、JR東日本やJR東海には金が落ちる。その金額は2〜3兆円にもなり、まさに「金のなり木だ」。一方、需要の少ないところではいかに身を切る努力をしても経営が成り立たない。
JR各社と大手私鉄の鉄道ビジネスを俯瞰的に見渡しながら、儲けの仕組みを解き明かす。
2019年9月30日発売
Top就職の現場(運転士・駅) >運転士の眠い昼下がり

運転士の眠い昼下がり

電車の運転台。子供の頃あこがれなかっただろうか?
前面に広がる風景を独占でき、電車を動かせる。

鉄道会社に勤めても、誰でも運転できるわけではない。電車の運転にも免許があるわけで、社員も長い訓練を受け、試験に合格しなければハンドルを握ることはできない。

しかし、運転手にならなくても、運転こそできないものの運転台に座ることはできる。
大卒の総合職採用で入社すると、配属前の「実習」で数日間、運転手の横に座って一緒に乗務する機会があるのだ。

※書籍「鉄道業界のウラ話」の元ネタであるため、本文は有料コンテンツとして公開します。

書籍「社名は絶対明かせない 鉄道業界のウラ話」 →Amazon →楽天



posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 就職の現場(運転士・駅) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。