「徹底解析!!JR東日本 (洋泉社MOOK)」

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top鉄道関連の本と音楽とDVD >「徹底解析!!JR東日本 (洋泉社MOOK)」

「徹底解析!!JR東日本 (洋泉社MOOK)」

先月の出版ですが、

徹底解析!!JR東日本 (洋泉社MOOK)


に執筆しました。

私が担当したのは、

 ◆Part1 データで読み解くJR東日本の全貌
 【輸送力】データで見るJR東日本のすごさ!!
 【組織構造】JR東日本の組織図
 【保有資産】保有する莫大な鉄道資産
 【グループ企業】グループ企業72社総覧

 ◆Part3  Suica、不動産、エキナカ 3大事業 成功の秘密
 ・JR東日本が展開する“意外な”ビジネス
 ・時速360kmへの挑戦 新幹線高速化プロジェクト
 ・JR東日本が誇る最新技術

になります。

今回は、鉄道事業だけでなく、鉄道技術や、エキナカ、駅ビル(ルミネ・アトレ)などの関連事業まで、幅広く担当させてもらいました。
(それだけに大変でしたが・・・)

JR東日本は、言うまでもなく巨大な鉄道会社で(この本もそれを強調する部分が多いですが)、あらゆる面で日本一の鉄道会社です。
しかし、直面している課題もあり、万事が思い通りだったわけではありません。

そもそも日本では、人口も頭打ちになり、鉄道事業の成長は期待できません。

すでに、地方鉄道では鉄道の衰退が著しくなっています。
そのような事業環境で、JR東日本は、東京圏や新幹線を活かして鉄道事業を維持してきました。
また、東京圏のポテンシャルを活かして、エキナカなどの鉄道事業以外を大きく成長させてきました。

しかし、ここに至るまでの道は平坦だったわけではありません。
JR東日本は、スキー場、ホテルの経営だけでなく、ボルボの自動車販売もやっていましたが、これらは完全に撤退しました。(ガーラ湯沢スキー場は除く)
住宅販売や、長期滞在型の宿泊施設もやりましたが、発展することはありませんでした。

いわゆる”開発事業”や、本業との関連性の薄い事業は成功せず、東京圏というポテンシャルを活かした事業に転換したのです。

おっと、書きすぎました・・・。詳しくは本書をご覧ください。
徹底解析!!JR東日本 (洋泉社MOOK)


なお、別件になりますが、私の2冊目の本が出版されます。
(執筆期間が2年間にもなりました。。。)
今回は鉄道の歴史に関わる本ですが、事故や事件などにフォーカスした、いわゆる裏の歴史です。
出版は5月ぐらいになりそうです。


もう一つ。昨年の話ですが(汗)、「週刊ダイヤモンド」に書かせていただきました。
内容は、拙著「鉄道業界のウラ話」の内容をピックアップして凝縮したもので、
「現場はつらいよ! 鉄道員トホホ物語」です。
週刊ダイヤモンド2014年9/20号


徹底解析!!JR東日本 (洋泉社MOOK)


 ◆巻頭特集
 ・次世代型通勤電車「E235系」 2015年ついに山手線に登場!!
 ・首都圏の鉄道網を変えるJR東日本の3大プロジェクト
   都心部最大規模の再開発 山手線新駅の経済効果
   首都圏広域と空港を結ぶ 羽田空港アクセス新線

 ◆Part1 データで読み解くJR東日本の全貌
 【輸送力】データで見るJR東日本のすごさ!!
 【組織構造】JR東日本の組織図
 【収益力】決算書から読み解く収益構造
 【保有資産】保有する莫大な鉄道資産
 【グループ企業】グループ企業72社総覧

 ◆Part2 「全69路線」の収益力を徹底解析
 ・JR東日本全69路線 旅客運輸収入・客数ランキング
 ・路線別 収益力分析
 ・究極の会員制ビジネス「大人の休日倶楽部」の営業戦略

 ◆Part3  Suica、不動産、エキナカ 3大事業 成功の秘密
 ・発行枚数4900万枚に及ぶ”国民的”ICカード「Suica」
 ・営業利益28.6% 高収益を誇る不動産事業
 ・駅スペースの活用に革命を起こしたエキナカビジネスの成功
 ・JR東日本が展開する“意外な”ビジネス
 ・デジタルサイネージで訪れる「車内広告」新時代
 ・時速360kmへの挑戦 新幹線高速化プロジェクト
 ・JR東日本が誇る最新技術

 ◆Part4 観光列車“新時代”─JR東日本の挑戦
 ・閑散路線に客を呼びこむ「観光列車」+「新幹線」ツアー
 ・「TRAIN SUITE 四季島」の運賃・損益分岐点を試算する
 ・「TRAIN SUITE 四季島」の試金石「 カシオペアクルーズ」人気の理由
 ・工業デザイナー・奥山清行氏に聞く
      「日本のクルーズトレインをデザインするということ」

 ◆巻末 JR東日本 車両イラスト大図鑑
 ・JR東日本28年史
posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道関連の本と音楽とDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック