おかげさまで・・・『鉄道の裏面史』

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top鉄道会社の知られざる社風 >おかげさまで・・・『鉄道の裏面史』

おかげさまで・・・『鉄道の裏面史』


『誰も語りたがらない 鉄道の裏面史』(文庫)が増刷になりました

ライターというのは読者の「代行業」みたいな存在で、読者に代わって調べものをして、それを凝縮しながら読みやすい文章にするのが仕事です。

『鉄道の裏面史』も、2年以上かけて書いたものですが、

「読みやすかった」「2時間で読破した」

などの声が寄せられています。
酷評もなく、それなりに満足していただいているようで、書き手としては安堵しています。

おかげさまで増刷になりました。今後とも、よろしくお願いします。


第1章 事件と事故の鉄道史
 信楽高原鐵道列車衝突事故 ローカル線で起こった正面衝突事故
 石勝線列車脱線事故 トンネル内で起こった列車火災
 上尾事件と首都圏国電暴動事件 現代では考えられない乗客の暴動
 107名もの死者を出した 未曾有の大惨事「福知山線脱線事故」
 狙われた東京の地下鉄 同時多発テロ「地下鉄サリン事件」)

第2章 国鉄とJRの裏面史
 下山事件 初代国鉄総裁は轢死体になった
 弾丸列車の夢 東京発北京行の新幹線
 分割民営化騒動記 朽ち果てた国鉄からJRへ)

第3章 金が動かした鉄道史
 異彩を放つ堤康次郎の生涯 西武王国の家督
 駅施設や土地買収をめぐる疑惑 新幹線の利権を手にしたのは誰か?
 鉄道会社と企業買収 村上ファンドに買収された阪神電鉄


『誰も語りたがらない 鉄道の裏面史』
 http://amzn.to/1QWW0uA
posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 18:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道会社の知られざる社風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
増刷おめでとうございます。
就職活動中の学生のものです。
現在鉄道の選考を受けております。今は亡き祖父が勤めていた鉄道で部長の推薦を受けているのですがこの場合どのくらいの強さを発揮するのでしょうか?
Posted by at 2015年08月09日 18:58
鉄道の裏面史を読みましたが上尾事件などは懐かしい気がします。労働争議、凄かったですね。
しかし別の次元での「裏」として「料金表のミスによる誤徴収」などにテーマを当てるのも面白いと思います。
例えば「神戸駅のキロポストと時刻表のキロに差異があることによる料金の誤徴収」とか「仙台駅のキロポスト位置も時刻表と合わない」など。
面白い「裏」では「浜松町駅の小便小僧と上野駅の小便オジサン」など、不思議なテーマもあるものです。
Posted by chopin at 2015年09月20日 08:33
鉄道の裏面史を読んでいただき、本当にありがとうございます。書き手としては、読んでいただくのが何よりも嬉しいことです。
別次元の「裏」テーマ、ありがとうございます。次の執筆に向けて弾みがつきます。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 佐藤充 at 2015年09月20日 14:51
全く違う話ですが。
鉄道マンの殆どは病んでる人が多いのではないでしょうか。私の父親も 元国鉄マン。病みに病んでました。…で 今は私がキーパーソンで父親の介護です。
私は離婚して よりによって鉄道マンに恋しました。彼も夫婦仲が良く無く 頃合いをみて離婚すると言いました。
さて その言葉から今年で9年目。その前に私には恋愛感情無くなったと言われて。私に神経症が現れ彼は自分の世話が出来なくなった私を残して とっとと私の元から逃げていきました。そして愛情が無くなったと。
鉄道マンとは絶対に結婚するな!
母の私への口癖。でも私は阪神電鉄の助役を好きになってしまった。
彼がホームでアナウンスしてる姿を 父親が大手術した後 阪神電車に乗り降りた時に母に見せた。今から思うと母はどんな気持ちだったろう…
私は国鉄マンだった父親と阪神電鉄マンの彼と 酒を酌み交わしながら二人だけにしか分からない会話を聞くのが夢だった。でも 彼は見事に裏切ってくれた。母は今は私には何も言わない。
そんじゃそこらの気持ちで 鉄道マンの妻なんかにゃ なれないんだよ!とでも言いたげに。
なるほど 母は私には相変わらず厳しいが 私を裏切った阪神電鉄助役の彼にはどこまでも優しい。
Posted by 睡蓮 at 2016年02月08日 21:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック