問題社員(2) - 某JRの愛すべき社員

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top某JRの愛すべき社員たち >問題社員(2) - 某JRの愛すべき社員

問題社員(2) - 某JRの愛すべき社員

前回、乗務中の不正行為で処分される運転士の話をした。

こういう話をすると、鉄道会社は規律が守られ、小さな違反も厳しく罰せられるところだと思われるかもしれない。
しかし、実態は違う。中にはとんでもない社員もいる。


車両メンテナンスの職場。一般に「車庫」と呼ばれるところでは、車両整備の社員が大勢勤務している。

自家用車では、数年おきの車検以外に整備されることは少ないと思うが、鉄道車両は約3ヶ月で整備に入る。
1日に数百キロ単位で走行するので、ブレーキパット、パンタグラフの磨耗部など、数ヶ月で取り替えになるのだ。

消耗品の点検・交換ばかりではなく、3ヶ月おきの整備では、電気的な接点の清掃、摺動部への油さし、各機器の点検・清掃、総合試験などを行っている。


このようなメンテナンス職場は、お客様の目に触れないだけに、かなり個性的な人たちが集まっている。

後藤さん(仮称)は50代のベテラン社員。
顔は酒焼けして赤くなり、手元は震え、年齢以上に老けこんでいる。
「おじさん」というより、「おじいさん」と言った感じで、肉体労働ができるようには見えない。

車両メンテはチームワークであり、メンバーの中にこういう人がいるのは心もとない。
そのうえ後藤さんは、他の社員とはあまり話さず、詰所でも一人になりたがるのだ。


朝、ミーティングを行った後、現場社員はそれぞれ自分の持ち場に向かう。

点検用のライト、汚れを取るウエス、インパクトレンチなど、作業に必要な道具を集めて持って行くのだが、後藤さんだけはその他に、必ずウーロン茶のペットボトルを持って行く。それも、新しく買ってきたものではなく、どこかで中身を詰めてきたもの。

だいたい、作業が始まる前には若手が作業者全員にお茶を配り、作業が終わって詰所に戻ってきたときにもお茶が配られる。

新陳代謝が激しい若い社員でもないのに、作業の合間にまで飲み物を飲むのは不自然だろう。

実は、このウーロン茶には焼酎が入っている。

後藤さんは完全にアルコール中毒だ。

さすがに、一緒に働いている現場社員は気づいているが、後藤さんは酒臭いにおいを気にして、他の人には近づきたがらないのである。

管理者も、まったく気づいていないわけではないが、そのウーロン茶を取り上げ、アルコールが入っているかどうか確かめる者はいない。
万が一アルコールが入っていなかったら、他の現場社員に突き上げられるし、労働組合からもものすごいたたきにあう。そうなれば、その現場にはいられなくなるだろう。

勤務中にこっそり酒を飲み、作業は適当。消耗品が限度値を超えていても取り替えず、手を抜けるところはほとんど手を抜く。
それでも、焼酎入りのウーロン茶と同じ理屈で、管理者には露見しない。

こんなにおいしい話はない。

労働現場に就職する皆さん。
土木・建築の現場、メーカーの製造現場、小売の現場。どこと比べてもこんなおいしい「現場」はない。

大卒で総合職希望の皆さん。
給料のいい会社の総合職になれるのはごく一握り。一般企業の給料では、アル中の後藤さんにも勝てないかもしれない。
プライドとネクタイを捨てて、電車の陰で酒飲む男になってみてはいかがだろう。

世の中とは不平等なものだ。


働く側からすれば、隠れて酒飲んで、手を抜き、それなりにいい給料をもらえて幸せだろう。

しかし、利用する側から見ればたまったものではない。


明日あなたが乗る車両、後藤さんが整備した車両でないことを祈ります。

posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 18:37 | Comment(3) | TrackBack(0) | 某JRの愛すべき社員たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっとこのコメントは失礼かもしれませんが、

はじめのところで
E2系は、東北新幹線や長野行新幹線などに使われている車両の下の部分が青く、赤系のラインの入った車両です。

こまちタイプ車両は、E3系といいます。
Posted by K快特 三峰口 at 2005年08月14日 20:33
あ、いっけね。

ご指摘ありがとうございました。
恥ずかしい…
Posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 2005年08月14日 21:19
はじめまして、小さい頃から電車が好きで、たまに線路端に立って電車を撮影したりしています。
好きな電車は、EF66型の電気機関車で、ブルトレのはやぶさがとくに大好きです、今年は、家の事情で、往復7回も東京と熊本をはやぶさで行ったり来たりしました。おかげで、何人かの車掌さんとも顔見知りになりました。7回も行ったり来たりしていると同じ車掌さんと3度も車両に乗り合わせたりした事もありもう、びっくりです。今度乗る時も又合えるかな?って感じです。
Posted by はやぶさの彼女 at 2005年11月05日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック