優しいだけでは勤まらない

 「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売
Top鉄道会社の知られざる社風 >優しいだけでは勤まらない

優しいだけでは勤まらない

鉄道会社の現場の実態については、何度か取り上げてきた。

 運転・車掌: 「昼下がりの運転台」 「問題社員(1)」

 駅: 「駅(改札編)」

 車両: 「問題社員(2)」

今回は、非現業の実態を見てみよう。大手鉄道会社の社風が少しは伝わるのではないだろうか。


鉄道のような社員の多い(労働集約型)会社では、まさにピラミッドのような組織体系になっている。
現場、支社、本社が三層となり、また支社の中でも、地域本社のような支社がある。

ちなみに他の業種では、大手企業とは言っても、必ずしもこんな深いヒエラルキーになっているわけではない。
化学会社のような装置産業では、現場はあっても支社がなかったり、商社のようなところでは現場がなかったりする。

社員が多くて組織も大きいのが鉄道の特徴である。


そのピラミッドの頂点にあたる本社。超大手鉄道会社の本社といえば、まさに雲の上の世界。

「ちょっと説明しに来てよ。」

車両や設備に不具合が発生し、本社の担当者がメーカーを電話で呼びつける。

肩書きのない担当者からの電話でもメーカーは震え上がる。超大口の得意先のご機嫌を損ねては大変。

あわてて資料をそろえ、社内で打ち合わせをして準備を整えると、鉄道会社へ”登城”する。

営業は、登城行列の先頭。続いて、技術(保守)の担当者、技術(開発)の担当者、技術課長、場合によっては部長、役員もついてくる。

大手門にあたる受付に着くと、メーカー一行は、登城の旨と、面会する担当者の名を伝える。来訪を伝えられた担当者は受付に開門の許可を出す。

米つきバッタの営業が、すれ違う城内の人々に頭を下げ続けながら、担当者の席まで進む。

受付で連絡を受け、メーカーが面会に来ることを知っていても、担当者は行列が席に来るまで腰をあげない。
あわれメーカーの役員。ここでは小僧の使いと変わらない。

ようやく会議室という名の別の間に通され、着座することが許される。

しかし、残念ながら別の間とはいっても実態はお白州。これから始まるのは厳しい取調べである。もちろん茶が振舞われることはない。

お白州でみっちりしぼられるまで、メーカー一行は開放されないのだ。


このように、超大手鉄道会社では、メーカーに対して威張り、厳しい態度をとる。

ある意味、それは仕方がない面があるかもしれない。

鉄道会社は、基本的に自社では何も作れない。(一部車両の組み立てをやるところもあるが、それは高度な技術分野ではない。)

それでいて、ピラミッドのような組織であるため、何か技術的な問題があれば、技術担当への上からの圧力は強い。
自分で開発したわけでも、作ったわけでもないのに説明しなければならないのだ。そのためメーカーの調査が終わらないと、何も始まらない。それまではひたすら、

「メーカーに原因と対策を報告するように、厳しく対応しております。」

と弁明するしかない。

メーカーに「厳しく対応」しておかないと、上から

「メーカーの言いなりになっているからダメなんだ!早くしろ!」

と言われてしまう。

自分で開発できず、生産できない、悲しい鉄道会社の技術屋。
彼らは、メーカーを締め上げ、何としてでも原因と対策を出させなければならない。

一流大学で技術を修めた彼らだが、その知識は、メーカーの報告書を理解するためだけに使われる。(実際、大学を出ていない人が担当することもある。)
技術力より、メーカーを動かす力の方が大切である。

方程式はまったく役に立たない。それより、メーカーに甘く見られないような凄みを持て。そして、たまには怒鳴れ。

posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 00:16 | Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道会社の知られざる社風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日まぐまぐで登録しました。
面白いです。もっとえぐって欲しいですね。
もちろん出来る範囲で。
頑張って下さい
Posted by オカモト at 2005年09月05日 01:49
ご登録ありがとうございます!!!

励ましとご登録で二重の喜びです(号泣)。
毎週欠かさず発行してきた甲斐がありました。

今後とも頑張ります。
これからもよろしくお願いします!
Posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 2005年09月05日 22:23
毎回、とても楽しく、興味深く拝読しております。これからもがんばってください!
Posted by ktkr at 2006年07月31日 01:37
ktkrさん

ありがとうございます!
ktkrさんのHPも拝見しました。すごい音のコレクションですね。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 2006年07月31日 23:42
お返事ありがとうございます。これからもがんばってくださいね。期待しています!
Posted by ktkr at 2006年08月13日 23:16
そろそろ、巨大鉄道各社総合職の内定が出始める頃ですね。

ある鉄道業界志望者向けの本を立ち読みしました。某社のベテラン運転士の人が「線の細い人」は不向きと書いていました。これは同感ですね。

線の細いというのは、私なりに補えばこういうことです。めまぐるしい状況の変化にストレスを感じる、そういう状況に置かれてミスを頻発してしまう。人を信用しやすい。怒られ慣れていない。私は運転士の経験がないので、駅や車掌の仕事くらいしか自信を持って言えません。人を一応疑いの目で見る習慣を身につけ、人から怒られ慣れていればいるほど、有利だと思います。

お客さんから罵声を浴びせられて、すぐに平静に戻れる性格なら、車掌であればドアに人を挟んでしまうことはないでしょう。駅の出札であれば、理不尽な要求を聞き流し、規則などがあって自分ではどうしようもないことは仕方ないと割り切れば、次から次へとやってくるお客さんの対応が冷静にできます。

人の一面だけで判断せず、疑いの目で見る。これも大事です。実際に身近で聞いたことです。ある男性のお客さんが、せかせかと改札にやって来ました。「俺急いでんだよ。何時の電車に乗らなくちゃ。早く通して」と言って、往復セットの企画商品の切符を差し出した。係が見ると、使用開始日を既に何日か過ぎた往路きっぷだった。係は咄嗟に怪しいとにらんだ。

係「すいません、お客さん。帰りの券も拝見できますか。」
客「いや、急いでんの。早く通して」
係「ですから、帰りのを券が未使用であるのを示していただければおとおしますから」
客「早く通せっての!」

この客は、不正乗車で捕まりました。というのは、帰りの券には一回使ったことを示す証拠が厳然と残っていたそうです。つまり、すでに一回使った券をもう一回使い回しをしたという非常に悪質なケースですね。この悪事をカモフラージュするために、こった演技までしたわけです。こういう演技を見抜くのは、優しいサービス精神ばかりでは無理ですね。ただし、それに対してやりがいがあるかどうかは、千差万別でしょうが。

Posted by Via at 2008年05月16日 19:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6535319

この記事へのトラックバック