「誰も語りたがらない 鉄道の裏面史」

佐藤 充 5年ぶりの書き下ろし!
107 名の死者を出した「福知山線脱線事故」、政治家の思惑がからみあう「新幹線の利権」、鉄道が買われる「阪神電鉄村上ファンド買収事件」、東京を襲った未曾有のテロ「地下鉄サリン事件」、首都圏で起こった乗客の暴動「上尾事件」、初代国鉄総裁の謎の死「下山事件」……
2015年5月15日発売

おかげさまで・・・『鉄道の裏面史』


『誰も語りたがらない 鉄道の裏面史』(文庫)が増刷になりました

ライターというのは読者の「代行業」みたいな存在で、読者に代わって調べものをして、それを凝縮しながら読みやすい文章にするのが仕事です。

『鉄道の裏面史』も、2年以上かけて書いたものですが、

「読みやすかった」「2時間で読破した」

などの声が寄せられています。
酷評もなく、それなりに満足していただいているようで、書き手としては安堵しています。

おかげさまで増刷になりました。今後とも、よろしくお願いします。


第1章 事件と事故の鉄道史
 信楽高原鐵道列車衝突事故 ローカル線で起こった正面衝突事故
 石勝線列車脱線事故 トンネル内で起こった列車火災
 上尾事件と首都圏国電暴動事件 現代では考えられない乗客の暴動
 107名もの死者を出した 未曾有の大惨事「福知山線脱線事故」
 狙われた東京の地下鉄 同時多発テロ「地下鉄サリン事件」)

第2章 国鉄とJRの裏面史
 下山事件 初代国鉄総裁は轢死体になった
 弾丸列車の夢 東京発北京行の新幹線
 分割民営化騒動記 朽ち果てた国鉄からJRへ)

第3章 金が動かした鉄道史
 異彩を放つ堤康次郎の生涯 西武王国の家督
 駅施設や土地買収をめぐる疑惑 新幹線の利権を手にしたのは誰か?
 鉄道会社と企業買収 村上ファンドに買収された阪神電鉄


『誰も語りたがらない 鉄道の裏面史』
 http://amzn.to/1QWW0uA
posted by 鉄道業界舞台裏の目撃者 at 18:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道会社の知られざる社風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする